社会福祉法人 萩市社会福祉事業団 -住み慣れた地域で、いつまでも安心して暮らせるような地域社会づくりを目指して-

  • 標準
  • 大
  • 特大
お知らせ
HOME >  救護施設つばき 萩七夕祭り 連覇達成!

その他 一覧

救護施設つばき 萩七夕祭り 連覇達成!

救護施設つばきです。

例年、田町商店街の七夕祭りに出店しており、2020年は新型コロナウイルスの影響で中止という悔しい思いをしましたが、出展が叶わなかった作品も含めて今年は2グループで1作品ずつ出展しました。

その結果、なんと、年を跨ぐことにはなりましたが、2019年度に続き「萩市長賞」を受賞しました!連覇達成です!

 

萩市長賞を獲得した<夏みかんグループ>の作品は、萩八景遊覧船を初めとした四季折々の風景画です。

 

 

続いて、惜しくも努力賞となった<あまなつグループ>の作品は、菊ヶ浜と笠山山頂展望台の大きな風景画です。

 

 

どちらの作品も、作品の材料となっているのは一つひとつの小さなお花紙です。コロナ禍によって新しく変化していく生活様式の中、利用者と職員が「田町商店街を華やかに彩ることができるように。そしてコロナ終息の糧になるように」

そんな思いを込めて作り上げた2021年にふさわしいソウルアートです。

 

お花紙を綺麗に丸めることは一見簡単そうに見えて、そう上手く作ることはできません。慣れている利用者は、慣れていない利用者へ作り方やコツを教え合ったり、丸める係や貼り付ける係と、それぞれが役割を持ち協調性を育みながら製作しました。

「健康経営」に取り組みます

萩市社会福祉事業団では、職員の健康増進を図るため、「健康経営」の考えに基づき、【 やまぐち健康経営企業認定制度 】に登録しました。
これから宣言書の内容に基づき職員の健康づくりに取り組みます。

■やまぐち健康経営企業認定制度
 詳しくは、こちらをご覧下さい

ケアハウスつばき 七夕祭り出展について

 ケアハウスつばきです。

 当施設でも新型コロナウイルスへの対策を講じながら入居者のみなさんに楽しみのある生活を送っていただけるよう努めています。日頃の生活の様子は毎月つばき便りを更新しておりますのでご覧ください。

 この度は田町商店街の七夕祭りに出展した作品についてご紹介します。昨年は残念ながら新型コロナウイルスの影響で中止となってしまいましたが、今年は開催されるという事で職員と入居者のみなさんで協力して取り組みました。

 今年は東京オリンピックの開催や新型コロナウイルス終息への思いを表現した作品としました。

 入居者のみなさんにご協力いただいている作業の様子や商店街に展示されている様子をご覧ください。

 入居者のみなさんにご協力いただいている作業中の様子です。

 感染対策のために今年は少人数ごとに作業しました。

 「思うように手が動かん。」と言われながらも細かい作業までしっかり取り組んでくださいました。

 商店街に展示されている様子です。

 商店街には多数の作品が展示されていましたが、どの作品にも見劣りしない立派な作品が仕上がったと思います。来年も皆で協力して素敵な作品を作り上げたいと思っています。

定款の一部変更について

社会福祉法人 萩市社会福祉事業団 定款の一部が、令和3年7月21日で変更となりましたので、お知らせします。

グループホームなごみ~コロナ禍での日常の様子~

グループホームなごみでは、入居者様の新型コロナウイルスワクチン接種は終了しておりますが、引き続き感染症対策として、手洗いや嗽、手指消毒、検温含め体調管理をこまめに行なっております。家事全般や適度な運動、人混みを避けての外出支援等の日常生活やワクチン接種の様子について、広報誌『なごみ便り』にてご紹介します。

 

現在、萩七夕まつり2021の作品作りも行っていますので、感染対策をした上で、ぜひ8/6~7田町商店街に作品を見に来ていただければと思います!

 

▼クリックするとPDFでご覧いただけます。

『なごみ便り』令和3年4月号

『なごみ便り』令和3年5月号

『なごみ便り』令和3年6月号

「萩市福祉タクシー事業所かがやき」事業廃止について

この度、諸般の事情により、令和3年6月30日 を持ちまして、業務を終了する運びとなりました。
皆様の長年にわたるご厚情に心から感謝申し上げます。

萩市福祉タクシー事業所かがやき管理者

役員・評議員の選任について

任期満了に伴い役員及び評議員が選任されてましたのお知らせします。
詳しくは、役員名簿、評議員名簿をご確認下さい。

・役 員(令和3年6月22日~令和4会計年度に関する定時評議員会の終結の時まで)
・評議員(令和3年6月22日~令和6会計年度に関する定時評議員会の終結の時まで)

情報公開ページを更新しました

下記の項目につきまして、「情報公開」のページを更新しております。

・事業実績
・決算報告
・現況報告

「萩市デイサービスセンターみしま」の取り組み

〇「萩市デイサービスセンターみしま」は、本土の日本海沖、約45キロに位置する「見島」にて活動しています。

 本土同様「新型コロナウイルス感染防止」に努め、利用者様に日常の楽しみを持って頂けるよう、職員一丸となって日々頑張っています!

 

職員が知恵を出し合い、季節に応じて、見島の伝統を取り入れたレクリエーション等を企画しています。

 

 

〇昔から見島に伝わる伝統行事の1つ「麦うらし」

 5月5日の端午の節句に合わせて子供たちで企画・運営するミニ運動会です。

 それにちなんで、ふれあいセンターでも「麦うらし運動会」を開催しました。

 

 

玉入れ・パンくい競争など昔を思い出して「あのころのように…」と参加していただきました。

 

 

〇年に2回行われる避難訓練です。

 

 

 

 

消防団の方に質問するなど真剣に参加されていました。

 

 

〇昼食後のくつろぎタイムです。

皆さんオセロやぬりえ・健康器具の使用など思い思いの時間を過ごされます。

 

 

新人職員を指名し、大好きなオセロの対決です!!!!!

 

 

毎月はじめには翌月のカレンダーに色を塗っています。中々いい色合いです。

皆さん細かいところまでよく見ておられます。

 

デイサービスやまびこ・うたたね 三大テーマへの取り組み

萩市須佐デイサービスセンターやまびこ(うたたね出張所)では「活気と賑わい」「脳の活性化」「笑顔の創出」を三大テーマに事業を行っています。

 

活気と賑わい

「やまびこ編」

やまびこの定番メニューとなっているのが「起立訓練」です。長く利用して頂いている利用者の方には、すっかり定着していて「起立訓練やろうや」と職員のほうが声をかけて頂いているくらいです。皆さん、自分のできる範囲で一生懸命に行っています。また、お昼からはレクリェーションの前にゴム体操を実施しています。

「うたたね編」

うたたねでは近くの神社まで散歩に行ったり、室内で身体を使ったレクリェーションを行う事で運動機会を作っています。

脳の活性化

「やまびこ編」

こちらも、やまびこの定番メニューとなっている「歌声喫茶」です。最近はコロナ対策として全員マスク着用をお願いしています。昭和の懐かしい歌を歌い昔を思い出して頂くことで脳の活性化につなげる取り組みです。

昼食前のニュース紹介コーナー「ニュース瓦版」では最近のニュースを紹介する時間を作っています。

「うたたね編」

うたたねでは最近のニュースから昔の地域の話など、色々な話を皆さんでワイワイと話す時間を作っています。その日利用して頂いた利用者に一日一言でも話して頂くために毎日職員が話題を考えています。小規模デイならではの取り組みです。話すことで脳の活性化ができればと思っています。たまに生け花も実施しています。

笑顔の創出

「やまびこ編」

午後からのレクリェーションの時間はできるだけ職員全員参加で盛り上げています。利用者も職員もハッスルして面白いときは笑うがテーマです。季節の行事のときには職員が仮装をして盛り上げます。

また、コロナ対策で最近はできていませんが、時には職員の子どもやペット総出で利用者の自然な笑顔が出せるように頑張っています。

「うたたね編」

うたたねでは昼食を職員が手作りしています。施設内にある畑の玉ねぎやトウモロコシが食卓に並ぶときもあります。野菜の収穫は利用者にお願いすることもあります。

誕生日の誕生ケーキを手作りするのも恒例行事の一つです。ケーキを前にすると自然と笑顔が出る利用者も多いです。

PAGE
TOP