社会福祉法人 萩市社会福祉事業団 -住み慣れた地域で、いつまでも安心して暮らせるような地域社会づくりを目指して-

  • 標準
  • 大
  • 特大
お知らせ
HOME >  情報公開ページを更新しました。

その他 一覧

情報公開ページを更新しました。

下記の項目につきまして、「情報公開」のページを更新しております。

・事業実績
・決算報告
・現況報告

「テレビ面会(オンライン面会)」開始のお知らせ

現在、新型コロナウイルスの感染経路の遮断という観点から、緊急やむを得ない場合を除き、ご家族の皆様には面会の制限を行っているところです。
この度、ご家庭にいながらオンラインでの面会(テレビ電話システムやWeb アプリのビデオ通話機能等のインターネットを利用する面会)が出来るよう、システムの構築が完了いたしましたので、お知らせいたします。

※上記のバナーをクリックすると、「テレビ面会システム」の詳細がご覧いただけます。
※当法人では、Microsoft社の「Skype」を利用しております。

地域開放マシントレーニング室の利用停止について[更新]

5月14日、山口県は「緊急事態宣言」を解除されておりますが、国内の感染は終息していないことや近隣都道府県での感染事例を踏まえまして、利用停止期間を『更に延長』することといたしました。
現在の段階では開始期限は未定となります。
皆様には大変ご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解賜りますよう宜しくお願いいたします。

■期間
令和2年5月29日(金)~ 

福祉タクシー車両等の紹介

かがやきの福祉タクシーをご紹介します。

▼クリックするとPDFでご覧いただけます。

グループホームなごみ~感染対策を行いながらの日常の様子~

グループホームなごみでは、入居者様の新型コロナウィルス感染症への感染防止の為、手洗いや嗽、手指消毒、検温含め体調管理をこまめに行なっております。
「密閉空間・密集場所・密接場面」の『3つの密』を避けながらも日常の中で出来る事をしていただき、また適度な運動や外出を行いながら生活をされております。
入居者様の感染防止と健康管理を優先する為、また関わる全ての人を守る為、緊急事態宣言前のように大切なご家族や地域の方との関わりは難しい状況にありますが、1日でも早く新型コロナウィルス感染症が終息し、新たな生活様式を意識しながらも以前のような日常生活が戻ってくることを願っております。
5/18現在も、ご家族含め入居者様へ室内での面会を禁止とさせていただいておりますが、グループホーム要請で来所された際には、1階と2階でのベランダ越しの面会をされる方も居られます。感染対策を行いながらの日常の様子として、家事や趣味活動、外出やベランダ面会等の様子を一部紹介します。

地域開放マシントレーニング室の利用停止について

新型コロナウイルス感染予防の観点から、地域開放マシントレーニング室の利用を停止させていただいておりますが、現在も国内の感染は、終息が見えない状況のため『引き続き利用停止』といたします。
なお、開始時期につきましは、未定となります。
皆様にはご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解賜りますよう、宜しくお願いいたします。

■停止期間
令和2年4月1日(水)~ 

デイサービスセンターおとずれ 今月の壁面作品です

毎月、季節に合わせた壁面飾りを作って頂いています。
今月は、春らしく花が満開です。

萩市デイサービスセンターみしまのご紹介

「萩市デイサービスセンターみしま」では、1日約10名の方がご利用されています。ボランティアの皆様の協力や職員のアイデアにより、皆さまに楽しんで頂けるよう努力しています。

 

 

 

2019年12月 ふれあい忘年会 職員の出し物です。マツケンサンバⅡを踊り利用者様・地域の皆様の爆笑をもらいました。

 

 

航空自衛隊見島分頓基地「エイサー部」の皆さんによる「エイサー」です。

 

 

月に1回 柳井先生の「俳画教室」の風景

 

 

月2回程 地域の鍼灸師さんがボランティアに来られています。皆さん「気持ち良い~。」と、好評です!

 

やまびこ通信

「やまびこ通信1月号」をご紹介します。

▼クリックするとPDFでご覧いただけます。

「令和元年台風第19号」災害義援金の活動について

昨年10月に発生した令和元年台風第19号に際し、被害に遭われた皆さまに心からお見舞い申し上げます。

当法人職員から義援金を募り、52,691円が集まりました。

義援金は、山口県萩市を通じて日本赤十字社山口県支部に届けられました。

この度の災害により、被災された方々が少しでも早く普段の生活に戻られますこと職員一同お祈り申し上げます。

PAGE
TOP