社会福祉法人 萩市社会福祉事業団 -住み慣れた地域で、いつまでも安心して暮らせるような地域社会づくりを目指して-

  • 標準
  • 大
  • 特大
お知らせ
HOME >  デイサービスやまびこ・うたたね 三大テーマへの取り組み

その他 一覧

デイサービスやまびこ・うたたね 三大テーマへの取り組み

萩市須佐デイサービスセンターやまびこ(うたたね出張所)では「活気と賑わい」「脳の活性化」「笑顔の創出」を三大テーマに事業を行っています。

 

活気と賑わい

「やまびこ編」

やまびこの定番メニューとなっているのが「起立訓練」です。長く利用して頂いている利用者の方には、すっかり定着していて「起立訓練やろうや」と職員のほうが声をかけて頂いているくらいです。皆さん、自分のできる範囲で一生懸命に行っています。また、お昼からはレクリェーションの前にゴム体操を実施しています。

「うたたね編」

うたたねでは近くの神社まで散歩に行ったり、室内で身体を使ったレクリェーションを行う事で運動機会を作っています。

脳の活性化

「やまびこ編」

こちらも、やまびこの定番メニューとなっている「歌声喫茶」です。最近はコロナ対策として全員マスク着用をお願いしています。昭和の懐かしい歌を歌い昔を思い出して頂くことで脳の活性化につなげる取り組みです。

昼食前のニュース紹介コーナー「ニュース瓦版」では最近のニュースを紹介する時間を作っています。

「うたたね編」

うたたねでは最近のニュースから昔の地域の話など、色々な話を皆さんでワイワイと話す時間を作っています。その日利用して頂いた利用者に一日一言でも話して頂くために毎日職員が話題を考えています。小規模デイならではの取り組みです。話すことで脳の活性化ができればと思っています。たまに生け花も実施しています。

笑顔の創出

「やまびこ編」

午後からのレクリェーションの時間はできるだけ職員全員参加で盛り上げています。利用者も職員もハッスルして面白いときは笑うがテーマです。季節の行事のときには職員が仮装をして盛り上げます。

また、コロナ対策で最近はできていませんが、時には職員の子どもやペット総出で利用者の自然な笑顔が出せるように頑張っています。

「うたたね編」

うたたねでは昼食を職員が手作りしています。施設内にある畑の玉ねぎやトウモロコシが食卓に並ぶときもあります。野菜の収穫は利用者にお願いすることもあります。

誕生日の誕生ケーキを手作りするのも恒例行事の一つです。ケーキを前にすると自然と笑顔が出る利用者も多いです。

デイサービスなごみ 今年もなごみにツバメが帰ってきました

毎年ご利用者様も楽しみに見守ってくださっているツバメが今年もやってきました。

 

昔から害虫を食べて農作物を守ってくれる益鳥として、また人通りの多い家の軒先に巣を作るので、お客の出入りが多い家=繁栄している家=「商売繁盛」の象徴として、昔から大切にされてきました。

 

山口県では、「ツバメ」は火事を出す家には巣づくりしないとの言い伝えもあるようです。

 

また、ツバメの巣は、家族が無病息災で過ごすことができる幸運をもたらしてくれると言われています。理由の1つは、ツバメの主食が小さな虫で、主に好んで食べるのが蚊やハエなどです。これらは人間にとっては害虫で、病気をまん延させる原因にもなります。これらをこまめに食べてくれるため、病気がまん延しにくいというメリットが生まれるからだそうです。

 

コロナ禍、3回目の緊急事態宣言が発令されましたが、なごみのご利用者様が無病息災で過ごせるよう、巣立ちの日まで見守っていきたいと思います。

理事長交代のお知らせ

社会福祉法人萩市社会福祉事業団 理事長を『 令和3年4月1日付 』にて下記のとおり交代いたしましたのでお知らせします。

【退任】 國吉 宏和
【就任】 田中 文夫

デイサービスセンターかがやき 1日体験のご案内

萩市デイサービスセンターかがやきでは、介護保険の対象となり、何らかの支援が必要になっても、気軽に利用できるくつろぎ空間を目指しています。ご自宅から通いながら、アットホームな雰囲気の中で、入浴・食事・レクリエーション・機能訓練などのサービスを行っています。趣味活動やお話し、散歩などを通して、日々の暮らしのリズムを作るお手伝いをします。またご家族様とも連絡を取り合い、在宅生活の支援をさせていただきます。

デイサービス利用をご検討中の方、デイサービスセンターかがやきにて1日体験されませんか。

 

▼クリックするとPDFでご覧いただけます。

萩市ヘルパーステーションやまびこ 有終の美

萩市社会福祉事業団では、地域における介護人材の確保が困難な状況の中、市民の皆様が、何処に住んでいても必要な介護サービスを受けることができるよう、現在2か所ある訪問介護事業所の体制を見直し、「萩市ヘルパーステーションやまびこ」を「萩市ヘルパーステーションかがやき」へ統合、一元化することとなりました。

 

須佐・田万川地域の訪問介護事業は、田万川にある社協に所属する事業所と、昨年から始まった有料老人ホーム併設の事業所、そして萩市ヘルパーステーションやまびこが活動しています。
いずれも小規模ですが、お互い情報交換しながら地域の在宅介護の一翼を担っています。

 

今回は写真を2種類用意しました。
まずひとつは、当事業所ではコロナ騒動のずっと以前より、ノロウィルス対策等も含めて、訪問宅での拭き掃除に塩素水を準備して、念入りな掃除を心がけている場面の紹介写真です。

 

 

次に、訪問宅での利用者様の残存機能を生かす目的での、声かけによる掃除の促しの場面のものです。
定着してきましたプランに基づく支援活動となります。

 

引き続き、須佐・田万川地域の皆様に訪問介護サービスを提供してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

 

居宅介護支援事業所かがやき 新型コロナウイルス感染防止の取り組み

萩市指定居宅介護支援事業所かがやきで行っている新型コロナウイルス感染防止の取り組みをご紹介します。

▼クリックするとPDFでご覧いただけます。

「新型コロナウイルスから利用者・家族・職員を守る共同宣言」について

萩市社会福祉事業団では、市内のすべての社会福祉法人と連携し、新型コロナウィルス感染防止に取り組むとともに感染された方などへの差別・偏見をなくし「コロナに負けない地域づくり」に取り組んでいきます。

※画像をクリックするとPDFファイルで閲覧できます。

特別養護老人ホームかがやき施設生活の様子

新型コロナウィルスの国内発生に伴い、面会制限や外出の自粛など利用者様には我慢していただく事が多々ありました。その中で楽しんでいただけるよう、花火やそうめん流しなど季節に沿った行事や楽しめるレクリエーションを企画し参加していただきましたので、施設での生活の様子をお伝えいたします。

施設周辺へ花見散歩

かがやき周辺を囲むように桜が植えられており、毎年桜が咲いたら散歩がてら花見をしています。

母の日&父の日

  

母の日、父の日にお花と感謝の言葉を送らせていただきました。

かき氷

暑い夏を乗り切るため、かき氷を提供しました。シロップを自分で選んでいただき、おいしそうに食べられていました。

そうめん流し

流れてくるそうめんを上手に掬い、おいしそうに食べられていました。プラスチィック製の竹ですが夏を感じる、良い思い出になったと思います。

敬老の日

敬老の日に花束を持ち、1人1人記念撮影を行いました。みなさんが元気に過ごせるように健康管理に努めています。

家庭菜園

プランターで野菜を育てています。トマト、ピーマン、白菜…収穫した野菜は皆で調理しておいしくいただきました。

カラオケ

週に1回カラオケ大会を開催しています。自慢の歌声を披露したり、皆で楽しく歌を歌っています。

生け花

毎週木曜日に生け花をしています。
季節の花を楽しみながら活けています。

クッキング

旬の食材を使った料理からデザートまで様々なものを作っています。
包丁を使って食材を切ったり、味付けも職員と一緒に行います。

新型コロナウイルスに伴い、インターネットを使用してのオンライン面会(スカイプ)を取り入れ、テレビ画面を通して面会も行なっています。

「令和2年7月豪雨」災害義援金の活動について

令和2年7月豪雨に際し、被害に遭われた皆さまに心からお見舞い申し上げます。

当法人職員から義援金を募り、59,529円が集まりました。

義援金は、萩市を通じて日本赤十字社山口県支部萩・阿武地区に届けました。

この度の災害により、被災された方々が少しでも早く普段の生活に戻られますこと職員一同お祈り申し上げます。

救護施設つばき 七夕の会を開催しました。

7月30日に、施設内で七夕の会を開催しました。昨年度は入所者の皆さんが作成した飾りが「萩市長賞」をいただいたのですが、新型コロナウイルス感染症の影響で、今年は萩七夕まつりが中止となり残念。ですが、今年は「施設長賞」を受賞です!

入所者・職員の体調管理や外出行事の自粛や中止等、様々な影響がありますが感染対策を行いつつ、楽しめる事もあると良いですね。

 

表彰プレートと記念撮影!

 

 

指月山と萩にゃん・ふみにゃん

 

 

色紙で、細かい色彩までこだわってます

 

 

フルーツポンチが夏らしく、好評でした

 

 

体を動かしたゲームも行いました

 

 

PAGE
TOP