社会福祉法人 萩市社会福祉事業団 -住み慣れた地域で、いつまでも安心して暮らせるような地域社会づくりを目指して-

  • 標準
  • 大
  • 特大
お知らせ
HOME >  通所介護(デイサービスセンター)利用空き状況

その他 一覧

通所介護(デイサービスセンター)利用空き状況

事業団が運営する通所介護サービス(デイサービスセンター)の利用空き状況について、お知らせします。
詳しくは、事業所にお問合せ下さい。

■掲載事業所

・萩市デイサービスセンターかがやき

・萩市無田ケ原口デイサービスセンターおとずれ

萩市デイサービスセンターかがやき

■空き状況(R4.12.2現在)

曜日 6-7時間 7-8時間 一般浴 機械浴

月曜日

火曜日

水曜日

木曜日

金曜日

土曜日

日曜日

〇:空きあり  △:若干空きあり  ×:空きなし

●お問合せ先:萩市デイサービスセンターかがやき
●TEL 0838-24-4111

萩市無田ケ原口デイサービスセンターおとずれ

■空き状況(R4.12.2現在)

曜日 6-7時間 一般浴

月曜日

火曜日

水曜日

木曜日

金曜日

× ×

土曜日

休み

日曜日

休み

〇:空きあり  △:若干空きあり  ×:空きなし

●お問合せ先:萩市無田ケ原口デイサービスセンターおとずれ
●TEL 0838-24-1294

萩市特別養護老人ホームかがやきでの生活の様子

敬老の日

100歳を迎えられた利用者様に内閣総理大臣から、お祝い状と記念品が贈呈されましたので、お祝いをいたしました。職員や他の利用者様よりお祝いをされ、本人様も手を叩いて喜ばれていらっしゃいました。

 

 

かがやき周辺の桜紅葉

新型コロナウイルスの感染がまだまだ終息の兆しを見せない中、感染予防に努めながら利用者様に楽しんでいただける余暇活動を提供しています。

かがやき周辺を取り囲むように桜が植えてあるため、桜紅葉を見に施設周辺を散歩に出かけました。

 

 

秋の味覚を堪能

秋の味覚を堪能していただくため、新米(萩産)とさつまいも(相島産)を使って、さつまいもご飯を提供いたしました。

行事食として旬のものや地消地産の食材を使用し、利用者様に食事を楽しんでいただける料理を今後も提供して行きます。

養護老人ホームつばきの紹介

現在新型コロナウイルス感染予防のため、外出を制限させていただいております。

その中で利用者様に少しでも楽しんでいただけるよう、施設内で実施できる行事を企画しております。

8月 夏祭り

夏祭りでは「輪投げ」や「おやつ釣り」を楽しまれ笑顔があふれていました。

かき氷コーナーでは利用者様のお好みに合わせてシロップと練乳をかけ提供し、

皆さん美味しそうに口に運ばれていました。

 

パンの日

月に1度「パンの日」、いつものおやつの代わりにパンを提供いたします。市内の有名店のパンだけに何日も前から楽しみにされている方も大勢おられます。月替わりのパンを頬張りながら「美味しい」と皆さん大変喜ばれています。

 

9月 敬老会

 

敬老会では傘寿、米寿、百寿を迎えられた方を中心に全利用者様のお祝いをさせていただきました。利用者様の日常を撮影した写真上映会ではあちらこちらから笑い声も聞こえ、アップになったご自分の姿に恥ずかしそうにされる方もおられました。最後はお菓子とコーヒーで歓談し楽しいひと時を過ごされていました。

(※写真撮影のためマスクは外しております。)

「やまぐち健康経営企業」に認定されました

このたび、萩市社会福祉事業団は、「やまぐち健康経営企業」に認定されました。

 

「やまぐち健康経営企業認定制度」とは、県が、全国健康保険協会山口支部などの保険者と協働して、「健康経営」に取り組む企業を認定する制度です。
健康寿命の延伸のためには、生活習慣病の発症・重症化予防が重要で、とりわけ生活習慣病の発症リスクが高くなる、働く世代の方々への効果的な支援が求められています。
この制度によって、「健康経営」に取り組む企業が社会的に認識され評価されることで、その取組の継続や取組企業の拡大につなげ、働く世代の方々の健康増進の一層の促進を図ることとしています。

 

「やまぐち健康経営企業認定制度」についてはこちら(外部リンク)をご覧ください。

 

台風11号接近に伴うデイサービス事業中止のお知らせ

台風11号につきまして、9月6日朝には山口県に最も接近する見込みであることから、利用者様の安全を最優先に考慮し、明日(9月6日)のデイサービス事業を中止するを決定しました。
利用者様、ご家族の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど宜しくお願いいたします。

■対象事業所
・萩市デイサービスセンターかがやき
・萩市中津江デイサービスセンターなごみ
・萩市無田ヶ原口デイサービスセンターおとずれ
・萩市デイサービスセンターみしま
・萩市須佐デイサービスセンターやまびこ(田万川うたたね出張所含む)

萩七夕祭り 三連覇逃がすも努力賞!!

救護施設つばきです。
毎年恒例田町商店街の七夕祭りへ今年も出展しました。今回は、1グループのみの参加になりましたが、参加できなかったグループの分も含め、このコロナ禍で暗い世の中の雰囲気を吹き飛ばせとばかりに気合の籠もった作品となりました。

 

今まで過去2019年、2021年と『萩市長賞』を受賞し2連覇中で、いまだどこも3連覇を成し遂げたところがない中での挑戦でした。

残念ながら3連覇はなりませんでしたが、見事『努力賞』を獲得しました!日頃の努力がきちんと実を結んだ結果となりました。

今回の作品に登場している吉田松陰について、その弟子である高杉晋作の辞世の句にこういうものがあります。

 

「おもしろきこともなき世をおもしろく」

 

面白くない世の中を、面白くするのは自分次第。自身の置かれた境遇を嘆いていても、何も変わらない。面白くするもしないもその人の心次第といった意味です。

今般のコロナ禍で様々な規制や我慢を入所者やそのご家族及び職員に強いる生活を送る中で、少しでも明るく楽しみや生きがいを見出していけるよう前向きに日々知恵を絞りながら様々な活動や行事を考え皆で頑張っています。

 

~日常風景~

 

作業活動

 

外出行事

 

萩七夕祭り作品出展

ケアハウスつばきです。
今年も萩七夕祭りに作品を出展しました。
入居者のみなさんにご協力いただき、今年も大作が出来上がりました。
今年は萩市の特産品や城下町の風景を萩にゃん、文にゃんと一緒にかわいらしく表現しました。カラフルな花紙を丸めた玉や小さな花にしたものをたくさん作り、ひとつひとつ貼り付けることで作品を仕上げました。
みんなで力を合わせて作り上げたケアハウスつばきの作品がみごと【萩市長賞】に輝きました!

田町商店街で展示している様子です

大きな作品で色もカラフルなのでひときわ目立っていました。

可愛い金魚の笹飾りもできました。

花紙でお花や金魚を作成している様子です。

指先仕事が多く根気が必要な作業でしたが、みなさん「ええよ。次持っておいで。」と辛抱強く頑張ってくださいました。

作品は広間に飾っています。

作品の前で記念撮影

萩市長賞を受賞したことを入居者のみなさんにもご報告。
「やったね!」「みんな頑張ったからね。お祝いせんとね。」と喜びの声が聞かれました。
来年もみんなで力を合わせて頑張りたいと思います。

※コロナ禍ではありますが、感染予防に努めながら活動に取り組んでいます。

 毎月のつばき便りも是非ご覧ください。

「デイサービスセンターおとずれ」パンフレットについて

萩市無田ケ原口デイサービスセンターおとずれのパンフレットがホームページからダウンロードできるようになりました。
こちらからご覧いただけます。

※下記の画像をクリックするとパンフレットがダウンロードできます。

コロナ禍での日常の様子と令和4年度の新たな取り組み

グループホームなごみでは、感染症対策を行いながら人混みを避けての外出支援や、日常では調理や掃除、洗濯、裁縫等の様々な場面で役割を担っていただき生きがいのある生活が送れるよう支援しています。

令和4年度の新たな取り組みの一つ『お母ちゃん自慢料理の日』と題して、昔、子どもや家族に作っていた料理を再現してもらう日を作りました!「家庭での母親の味…」とっても美味しく仕上がっていますよ♪また、地元魚卸業者さんより魚をいただき、しご(萩弁)されている様子も、広報誌『なごみ便り』にて紹介しています。

▼クリックするとPDFでご覧いただけます。

現在、萩七夕まつり2022の作品作りを行っています。令和4年度は『萩の夜空に大輪を!環境にも人にも優しいなごみ!』をテーマに、不要となった包装紙や紙袋等を再利用しながら取り組んでいます。ぜひ8/6~7田町商店街に優しいなごみの作品を見に来ていただければと思います!

※ご自宅に不要な包装紙等あれば、なごみまで持参いただけると幸せます。

行事の紹介

山口県最北端に位置する離島「見島」。ここに「萩市デイサービスセンターみしま」が活動しています。今のところ、幸いにも「新型コロナウイルス」の感染拡大を免れ、皆さん元気に頑張っています。

 

〇お正月恒例の「書き初め」。今では筆をもつことはなくなり「いや~、私は書かれんよ。」等と言いながら職員顔負けの筆はこびで立派な字を書かれております。

 

〇2月3日の豆まき。職員が鬼となり、利用者様に豆を投げてもらいます。皆さん、今年の厄を払おうと豆をしっかり投げていました。

 

〇昼食には、腕によりをかけて作ってもらった花見弁当を美味しくいただきました。

見島の旬の食材をふんだんに使っておりいつもの昼食とは、ひと味もふた味も違って話に花がさいていました。

 

〇今年11月に開催予定の公民館まつりへの出展準備です。今回はセンター全員で1つの作品を作りあげ出展します。(菊の花壁画)

1人1人の状態に合わせてできるところを手伝ってもらっています。のりを使って貼りつける人・花びらを1枚ずつ切る人・接着部分を押さえてくれる人…。

ほんの1ヵ所・1作業手伝ってもらえるだけで、1つ1つの花ができています。

仕上がりが楽しみです。

 

〇毎年恒例の麦うらし運動会(ミニ運動会)を開催!!

毎年パン食い競争を行っていましたが、今年は釣竿を持って景品をつりあげる「宝釣り」をしました。景品には目玉商品をいくつか用意!

必死になって釣りあげようとするかと思えば、釣り糸がとなりの方とひっかかってうまく釣りあげられず、皆で大笑いするひと幕もありました。

 

次は運搬船ゲーム。各チーム船頭を1名決め、ロープを巻いて船を引き寄せてもらいます。

その間うまく船に荷物を投げ込み1つでも多くの積み荷を終点まで落とさず運び、数と速さを競います。

船頭さんは、うまくスピードを調節しながら指先をしっかり動かします。

その他の乗り組員は自分の前を通り過ぎるタイミングを見計らって荷物を乗せます。

皆さん真剣に取り組まれ笑ったり、悔しがったりと盛り上がっていました。

 

〇5/26(木)避難訓練を行ないました。

利用者様11名・職員5名が訓練に参加。今回は男性利用者様3名が初参加となり、水消火器を使っての訓練となりました。

「消火器が重たいの~。」との声もありましたが、皆さん真剣な表情で参加されていました。

 

PAGE
TOP