社会福祉法人 萩市社会福祉事業団 -住み慣れた地域で、いつまでも安心して暮らせるような地域社会づくりを目指して-

  • 標準
  • 大
  • 特大
お知らせ
HOME >  居宅介護支援事業所かがやきの紹介!

その他 一覧

居宅介護支援事業所かがやきの紹介!

◎常勤・非常勤を併せ、15名のケアマネジャーが勤務しています。

◎幅広い年齢層・性別からケアマネジャーを選択していただけます。

◎様々な経験を持つ専門職が、住み慣れた家で自分らしく生活できる方法や困りごとの解決方法を一緒に考えます。まずは、ご相談ください。

 

居宅介護支援事業所かがやきは、在宅サポートセンターかがやき1階にあります。

相談室が2室ありますので、安心して、じっくりご相談をお受けすることができます。

サービスの質の向上に向けた取り組みとして、外部研修への参加の他に、職場内研修を毎月実施しています。 より良い支援を目指して、研鑽に励んでいます。

特別養護老人ホームかがやき施設紹介

萩・福祉複合施設かがやきの2階、3階が特別養護老人ホームかがやきとなります。

定員は入所利用者130名、短期入所(ショートステイ)利用者20名。

2階、3階からは、指月山や萩市内が一望でき、萩の夏祭りではテラスや居室などから花火も見ることが出来ます。

 

居室環境

 個室又は多床室(2~4人部屋)になります。全居室介護用ベッドとタンスを用意しています。居室の大きさにもよりますが、自宅で使用されていた家具や飾りなど持参していただくことも可能です。出来る限り本人様が過ごし易いよう環境に配慮致します。

 

2階、3階の食堂ホール

 利用者様が食事や日中過ごす場所になります。
 全体の行事やレクリエーションなど空間が広いため様々な用途でも使用されます。

 

浴室

利用者様の身体機能に合わせて、座ったまま、寝たままの姿勢で入浴出来る浴槽を設置しています。

 

トイレ

 立ち座りがし易いようにどのトイレにも手すりを設置しています。一部のトイレには立ち座りが難しい方でも排泄が行えるようにリフト等を使用したトイレもあります。

 

レクリエーション・行事

利用者様やご家族、職員の交流を深める目的で、各階にて毎年催しを予定しています。
また、職員によるレクリエーションや料理活動(クッキング)、ボランティアの皆さんによる俳画教室など楽しみのある生活を送っていただける企画もあります。

 

職員がたこ焼きやソフトクリームなど屋台のように準備し、皆さんに楽しんでいただく「もみじ祭」を毎年開催しています。

食堂ホールにてチームに分かれて運動会を実施した時の様子です。皆さんハチマキを巻くと表情が変わり、玉入れでは玉を一生懸命投げ入れていました。

旬の材料を使った料理やお菓子など、定期的にクッキングを行い、出来上がったものを皆さんで一緒に食します。
「美味しいね。」と笑顔も見られます。

週1回季節ごとの生花を購入し、テーブルに飾っています。
花の名前や挿し方など、職員と話し合いながら花瓶に花を生けてます。

養護老人ホームつばきのご紹介

「福祉複合施設つばき」の2階に位置する、「養護老人ホームつばき」。その中がどんな様子かご紹介します。

 

●居室(※写真は空室の状態)

 居室は全室個室になっています。利用されていない時には写真のような状態ですが、カレンダーや行事予定、活動時の写真を貼るなどご自分の好みに合わせ居室内の環境を変えて生活されています。テレビを置いてお部屋で楽しまれている方もおられます。

 

 

●食堂

 食事は毎日ここに集まってされます。食事の時間は皆さんと顔を合わせる時間でもあるのです。

50人ほどの入所者が集まれる広い食堂ですので、食事以外にも毎月の朝礼やクリスマス会などの行事など様々な用途で使用をしています。

 

●談話室

 つばきの中には写真のような談話室が4か所あり、それぞれ“きさらぎ”、 “やよい”、“さつき”、“はづき”と旧暦の月にちなんだ名前が付けられています。(写真はやよい談話室)

畳があったり、将棋盤が置いてあったりと談話室によって違ったレイアウトがなされています。テレビを観たりお茶を飲んだりする憩いの場です。

 

  • ●お風呂

 浴室には写真のような1人用の浴槽が4つあります。浴槽へ出入りする時にも危なくないように手すりもしっかりと設置されています。すぐ隣の脱衣所から浴室内に至るまで暖房設備が設置してあり、寒い冬の時期にも安全に気持ちよくお風呂に入られるような環境となってます。

 

●洗濯室

 ご自分で洗濯をされる人、この洗濯室を利用されています。広いシンクで下洗いも簡単に行えます。写真のすぐ手前側が乾燥室ですので、洗濯が終わったらそのまま干しに行くことができるようになっています。

 

  • ●トイレ

 多くの方が一緒に生活されているので、トイレもたくさんあります。中には写真のように、車いすでも入れるようにスペースの広いトイレもあります。立ち上がりもしやすいように手すりも設置されています。

 

 

 こういった環境で、できることはご自分でされ、難しいことは職員の助けを受けながら過ごされています。「養護老人ホーム つばき」の生活、少し感じて頂けましたでしょうか。

ケアハウスつばきのクラブ活動

今回はケアハウスつばきのクラブ活動についてご紹介します。

多彩なクラブ活動を実施しており、それぞれ10名程度の参加者により行われています。

スイーツクラブ、川柳クラブ、カラオケクラブ、美容クラブ、書道クラブ、映画クラブ、クラフトクラブ、アートクラブ、折り紙クラブ、オセロクラブ、お茶を楽しむ会、歌おう会といったラインナップです。活動中の写真の一部をご紹介させていただきます。

 

スイーツクラブ

フルーツのカットからクリームの泡立て、盛り付けまで。みなさんお上手ですよ。

 

お茶を楽しむ会

世界各国の様々なお茶を楽しんでいただきます。座学もみなさんに好評です。

 

クラフトクラブ

クラフトを編んでカゴやバッグ、物入れなどを作成します。みなさん、手先が器用で見事な作品が完成しています。

 

歌おう会

日々の練習の成果をお正月会などでご披露されます。みなさんの歌声、まだまだ現役です。

PAGE
TOP