文字を大きくするには| 
2009/7/1 photo

10/20 花壇の植替えをしました。
(写真の花はゼラニウム)

10/29 モデルガーデンの”つわぶき”咲き始めました。


PDF文書を閲覧するにはAdobe AcrobatReader(無償)が必要です。

田万川小規模デイホームうたたね

田万川小規模デイホームうたたね

田万川小規模デイホーム うたたね

【田万川うたたね】は、旧田万川町において、毎週土曜日にボランティアで「宅老所」を行っていたのが始まりです。それから2年後の平成17年6月に「田万川小規模デイホームうたたね」として事業運営を開始しました。
それから、平成27年10月より単独事業所として運営をしてきましたが、弥富地区にあります「萩市須佐デイサービスセンターやまびこ」の出張所(サテライト事業所)として新たに事業を開始しました。
サービス提供は今までどおり行い、“うたたね(転寝)”をするくらい、ゆ〜ったり、の〜んびりした時間をすごしていただくをモットーとしています。

基本方針・重点機能

●施設基本方針
いっしょに(介護は関係づくり)・のんびり(お年よりの想いを実現)・地域の中で(行事に参加)
  • 日中は、散歩や趣味活動、野菜作り、外出など個別のケアを提供いたします。
  • 手作りの食事に、1対1の個別入浴、希望の時間にあわせた送迎をいたします。
  • 「見守る・待つ・本人の力を奪わない」を念頭に置いた関わりを心がけます。
  • 本人、家族の希望に対して、柔軟に対応することを基本とします。
●重点機能
地域密着型サービスの拠点

ご利用施設のサービス内容

通所介護事業(小規模型事業所)

身体機能が低下した人が昼間の数時間を施設で過ごして、食事や入浴、健康チェック、リハビリなどを利用するサービスです。特別養護老人ホームやデイサービスセンター等が指定を受けてサービスを提供します。

介護予防通所介護事業

要支援1、2の方を対象としてサービスを提供します。

利用料金

・通所介護の料金表はこちらをご覧下さい。 (PDFファイル)
・介護予防通所介護の料金表はこちらをご覧下さい。 (PDFファイル)

事業所概要

・事業所番号:山口県第3570400444号(平成17年6月1日指定)
・定員:15名 
・営業日:火〜日曜日(但し、12/31〜1/3は除く)

田万川小規模デイホームうたたねのご紹介

●「うたたね」の始まり
田万川の地で、毎週土曜日の一日だけの宅老ボランティアが2年間続きました。(宅老所というのは、全国的にも広がりを見せていますが、民家などで少人数を対象にするケア施設です。「自宅の延長線、知り合いの家に遊びに来た」という雰囲気の中で、できるだけ一人ひとりにあったケアが提供できることを目指しています) ボランティアとしての運営から、事業として運営を開始したのが「うたたね」です。
●「うたたね」の日常
日常 あらかじめスケジュールをたてることはしません。
朝の迎えが終わり、皆さん揃うころは、お茶とお菓子で会話が弾み始めます。そこで、昼ごはんは何にするか、何が食べたいかを話し合い、天気やメンバーなどを考慮して、1日をどんなふうに過ごすかが決まります。
また、利用者の方に教えてもらいながら、その時期ならではの「漬物作りや味噌作り、干し柿作り」などをやっています。
●「うたたね」のサービス内容
内容 一般の通所介護と、変わらない内容で提供しています。送迎は3台の車を稼動し、車椅子の方でも安楽に乗り降りできるように工夫しています。
入浴は、同性による介助を基本に、お一人ずつをご案内しています。食事はメニューを考えた後、一緒に買い物に行ったりして調理します。出来立てのものがいただけます。定員が10名ですので、ゆっくりとした雰囲気の中で1日が流れていきます。
●「うたたね」の大事にするところ
職員がやってしまえば、大方のところは早く・きれいに・要領よく事は済みます。しかし、効率を求めずに、待ってみる姿勢を持つことこそ介護職には大事なことと思います。また、選択肢を提供することも大事な仕事になります。
根本的なところで、お年寄りに対する「うやまい」の気持ちを忘れてはならないと思います。

お問い合わせ先

〒759-3111 山口県萩市大字上田万2678
田万川小規模デイホーム うたたね
TEL:(08387)2-1331 FAX:(08387)3-1331

・アクセスマップはこちら
・さらに詳しい地図はこちら

トピックス
Copyright(C) 2002 Hagi Social welfare Corporation.All rights Reserved.