文字を大きくするには| 
2009/7/1 photo

10/20 花壇の植替えをしました。
(写真の花はゼラニウム)

10/29 モデルガーデンの”つわぶき”咲き始めました。


PDF文書を閲覧するにはAdobe AcrobatReader(無償)が必要です。

福祉複合施設つばき

養護老人ホームつばき

【養護老人ホームつばき】は、萩市が昭和27年4月1日保護施設として認可を受け、業務を開始したのが始まりです。昭和38年7月老人福祉法制定とともに養護老人ホームとなり、萩市が長年運営して来ましたが、平成17年3月1日から萩市社会福祉事業団が管理運営を行うことになりました。
平成18年10月からは、入園者のみなさまにより良いサービスを提供できるよう、「外部サービス利用型特定施設入居者生活介護事業」の認可を受け、事業を開始しております。

ご利用施設のサービス内容

養護老人ホーム

おおむね65歳以上の方が入所されています。環境上及び経済的な理由により、自宅での生活が困難な場合に入所する施設です。健康で明るく平和な生活を営むための施設です。

生活支援ショートステイ事業

基本的生活習慣が損なわれていたり、対人関係がうまくできないなど、社会適応が困難な高齢者を短期入所させ、日常生活に対する支援を行い、要介護状態への進行を予防する事業です。

外部サービス利用型特定施設入居者生活介護事業

特定施設サービス計画により、受託居宅サービス事業者がサービスを提供することにより、要介護状態になった場合も、能力に応じ自立した日常生活を営むことが出来るよう支援いたします。

介護予防外部サービス利用型特定施設入居者生活介護事業

入所中の要支援1、2の方を対象としてサービスを提供いたします。

沿革

昭和27年4月1日 萩市が保護施設として認可を受け、萩市大字堀内493の地にて業務を開始。
昭和38年7月 老人福祉法制定とともに養護老人ホーム指月園となる。
昭和56年10月1日 萩市椿東に養護老人ホームを移設する。
平成17年3月1日 萩市より指定管理を受託する。
平成18年10月1日 外部サービス利用型特定施設入居者生活介護事業所として事業を開始する。
平成25年3月1日 移転新築のため「養護老人ホームつばき」と名称を変更し、事業を開始する。

事業所概要

・事業所番号:山口県第3570400543号(平成18年10月1日指定)
・定員:入所 50名 +ショートステイ 4名

入居に関するご相談・お申し込み

養護老人ホームの入居相談は、最寄の市町村の窓口になります。
※直接、当園にお申込み頂くことは出来ません。

養護老人ホームつばきのご紹介

設備〜入所者が共同で利用するもの〜

食堂:食事のほか入所者集会や
レクリエーションも行います。
談話室:テレビを見たりお茶を飲んだり、
自由に過す共有スペースです。

季節行事

季節行事
施設内の生活でも、季節を感じられることを大切にしています。春にはお茶会を開いたり、夏にはそうめんを入所者が自ら作って、いただいたりしています。

外出支援〜外食や買物など〜

外出支援〜外食や買物など〜
数名で外食に出かけたり、衣類の買物に外出したり支援も行っています。

レクリエーション

レクリエーション
心身の健康維持を目的に、その都度レクリエーションを行っています。

お問い合わせ先

〒758-0061 山口県萩市大字椿2398 番地1
養護老人ホームつばき
TEL:(0838)24-4128 FAX:(0838)24-4129

・さらに詳しい地図はこちら
トピックス
  • 過去のトピックス

  • ※過去の情報がこちらより閲覧できます。




    マイナビ2018


    【情報配信メール】に登録、解除の方は、こちらから
    防災メール
    クリックすると専用ページにジャンプします。
    また、携帯電話等のQRリーダーでも読み取り可能です。
Copyright(C) 2002 Hagi Social welfare Corporation.All rights Reserved.